事務所からのご挨拶

photo02はじめまして、司法書士の小林潤一と申します。 私は、地元八王子生まれ八王子育ちの司法書士です。 司法書士とは、土地や建物の不動産の権利の登記、会社(法人)の登記、裁判所に提出する書類作成と提出、多重債務者の債務整理(任意整理)、成年後見人就任による後見業務などを主な業務とする、国民の権利保護を目的とする国家資格者です。 より具体的には、次の場合に皆様のお手伝いをさせていただいております。

 

  • 「土地を購入した」「建物を建てた」「抵当権を設定した」「相続による不動産の名義変更が必要になった」「不動産を贈与する」時に不動産の権利の登記申請をする場合
  • 会社設立、役員変更、目的変更、増資、会社の解散、精算など会社(法人)の登記申請をする場合
  • 訴状、答弁書、破産申立書、個人再生申立書、後見開始申立書、相続放棄申述書、遺言書の検認申立書など、裁判所に提出する書類を作成、提出する場合
  • 消費者金融等からの借金問題を解決したい場合(任意整理)
  • 認知症、精神障害者の方について、その財産を保全するため成年後見制度の活用をしたい場合(後見人として就任)
  • 訴額140万円以下の民事紛争(例えば過払金)につき簡易裁判所に訴訟を提起、もしくは訴訟をせず訴訟外で本人を代理して和解(示談)をする場合

 
当事務所は皆様との相談を重視しております。
 
相談の際には、「1.誠実」 「2.丁寧」 「3.優しい」 相談を心がけております。 司法書士というと、若干とっつきにくく少し敷居が高いイメージがあるかもしれませんが、私個人としては、まずは相談者の方に「優しい態度で接する」ことからはじめたいと思います。 そして、依頼者となった方との二人三脚の意識を胸に、司法書士業を通じ依頼者の皆様の人生の節目での「後押し」ができ、依頼者の皆様が「安心できる」「満足できる」「幸せになる」仕事を積み重ねて行きたいと考えております。
どうぞよろしくお願いいたします。

司法書士 小林潤一
 
 
PAGETOP